CHOYAシャツの形態安定について

Choya Blog 2021/10/08

CHOYAシャツのブログをご覧いただきありがとうございます。
ワイシャツに関して色々なことを、このブログを通してご紹介できればと思います。

まず「ワイシャツ」といえば、イメージされるのは白のワイシャツだと思います。
どなたでも、1枚は必ず買う・着るシャツ。それが白のワイシャツです。

シワ一つない白のワイシャツと言えば上品でクリーンな印象ですよね。
そんなイメージ通り、綺麗な状態で着られれば良いのですが、悲しいかなシャツにシワはつきものです。
特に白のワイシャツはシワも目立ちますし、とてもだらしなく見えてしまいます。

そこで第1回目では、そんなお悩みを解消する形態安定加工について簡単にご説明したいと思います。

形態安定加工について

画像:Choyaシャツ

形態安定加工とは、シワにならない加工をしたものです。
シャツは洗濯するとシワシワになるので、アイロンかクリーニングが必要になります。
手間もかかるし、お金もかかるので取り扱いが便利な形態安定加工のシャツができました。

シャツを買いに行ってみると、形態安定加工のシャツがたくさん売ってます。
安いものはそれこそ1,000円台から、高いものは10,000円くらいします。

どうしてこんなに値段が違うのでしょうか。

風合いとお手入れのラクさを両立

画像:Choyaシャツ

安いものは品質表示を見て下さい。
ほとんどが綿とポリエステルの混ざった素材になっていると思います。
綿の割合が増えるほど値段が高くなり、1番高いのが綿100%のシャツになります。
カルピスの薄め < 濃いめ < 原液のような感じです。

綿は割合が増えるほど生地もしっかりし、風合いも良くなりますが、シワになりやすくなります。
そこで形態安定加工の出番ですね。

シワにならないCHOYAシャツファクトリー

画像:Choyaシャツ

綿100%のシャツで更にシワにもならないなら、こんな便利なシャツはありません。
その中で一番シワにならないのがCHOYAシャツファクトリーです。

普通のワイシャツは生地の段階で形態安定の加工をします。
でもCHOYAシャツファクトリーはシャツの形にしてから最後にひと手間かけて加工するので細部までシワが残りません。
ここが他の形態安定加工のシャツと違うところです。

生地の繊維同士ををがっちり結びつける。
普通の形態安定加工が水のりなら、CHOYAシャツファクトリーの形態安定加工はアロンアルファみたいなものです。
興味のある方は是非一度お試しください。